LUMITSÄ はちみつブランド【LUMITSÄ】は、蜜源となる木花が豊かで「日本一おいしい水 」が多くの生命を支える青森県青森市に、こだわりの自社養蜂場を持ち、高品質なはちみつを提供いたします。上品な香りと優しい甘さを感じられるLUMITSÄの貴重な国産はちみつは、自分へのご褒美にはもちろん、大切な人へのギフトとしてもおすすめです。

あおもり藍産業様とのコラボ商品が登場しました

自社養蜂場のある青森市の企業、あおもり藍産業様とのコラボ商品が登場。

藍は殺菌・抗菌、防虫効果があることで知られ、昔から「大切な着物は、藍の風呂敷で包む」とまで言われています。100%天然由来、安心安全にこだわった“あおもり藍”のコットンバッグに入れて、商品をお届けします。

本ページでは、あおもり藍や、製品のお手入れ方法についてご紹介します。

国産はちみつのギフト

 

 

 

藍の歴史

飛鳥~奈良時代、唐から朝鮮半島を経て日本に伝来したと言われ、法隆寺や正倉院には当時の藍で染められた布類が数多く保管されています。平安時代までは、主に上流貴族が身に着ける高貴な色とされていましたが、藍の薬効が知られてからは、民間薬としても人々の暮らしに深く関わっていくようになりました。

日本人の暮らしを様々な側面から支える藍と日本人の関係は、深く強いものになっていきます。寒色でありながら温もりを感じる藍色は、世界各国でジャパン・ブルーと呼ばれ、日本を表現する特別な色となりました。

 

あおもり藍とは

LUMITSÄの自社養蜂場がある青森でも、江戸時代から明治時代まではたくさんの藍染め工場が立ち並んでいたそうですが、日本が大量生産の時代を迎え、冬の厳しい環境も影響し、青森の藍産業は一度衰退してしまいます。しかし「休耕田を活かし、伝統文化の継承と地域の発展を」という吉田理事長の想いが藍産業を復活させ、『あおもり藍』が誕生。現在ではビジョンを共有する様々な企業とのコラボレーションを実現しています。

 

あおもり藍の特長

1.伝統にとらわれない独自技術により、様々な問題を解決

染色工程のデータ管理により、藍白(薄水色)~濃藍(濃紺色)まで8色の染め分け、品質の均等化を実現しました。製造期間も従来の1/20にまで短縮し、職人不足や大量生産の難しさという問題を解決。百貨店との取引基準を満たす、色落ちしない堅牢性も実現しました。

 

2.100%天然由来・農薬不使用栽培による高い安全性

藍の持つ有効成分の一つである、抗菌性の元となるトリプタンスリン。一般的には石油系の有機溶媒を使って抽出されますが、研究を重ね、農薬不使用、100%天然由来のものだけを使っての抽出に成功。また、栽培も農薬不使用にこだわっています。食べられる程の高い安全性で、直接肌に触れる製品も安心してお使いいただけるのが、あおもり藍です。

 

3.天然成分による高い抗菌・抗臭性

2010年、宇宙空間でも安心な天然成分による高い抗菌・抗臭性が認められ、山崎直子宇宙飛行士のスペースシャトルの船内着として採用されました。今では、ファブリックスプレー、除菌シート等数多くの商品が展開され、あおもり藍のパワーが日常でも幅広く活用されています。

 

 

※「もっと詳しく知りたい!」という方はあおもり藍産業様のHPをご確認ください。

 

 

あおもり藍コットンバッグを長くお使いいただくために

色落ちしづらく、日常で長くお使いいただけるコットンバッグ。より長くお使いいただくためのお手入れ方法をご紹介します。

国産はちみつのギフト

 

・100%天然の本藍染めのため、直射日光や長時間光を当てると色が灼けてきます。

通常洗濯後(中性洗剤)に日陰干しをお願いしております。

 

・色落ちはしにくくなっておりますが、万が一、色移りが心配な衣服がある場合には別途洗濯していただきますようお願い申し上げます。

コメントは受け付けていません。

特集